Menu

リサイクルトナーを利用して経費削減

17年08月28日

コピー機を使うときに、トナーを使うでしょう。ただ、トナーにも純正品とリサイクルトナー(再生品)の2種類あることを知っているでしょうか?現在では、日本の技術進歩によって、リサイクルトナーを製造・販売するメーカーも増えてきました。

最近では、経費削減のために純正品からリサイクルトナーに変えている企業も増えており、一般化となりつつあります。また、家電量販店では法人専用の窓口を設け企業向けにリサイクルトナーの販売を行う場所もあるぐらいです。製造工程も、分解やクリーニング、振動試験など細かい工程が組まれている場所もあります。そのため、リサイクルトナーだからといって、劣悪な商品を提供されるということもほとんどありません。

しかも、コピー機を何度も使う企業であれば、トナーを交換する回数も増えます。そのため、経費面においても大きな違いが出てきます。もし、リサイクルトナーを使うのが不安だと思っている方は、まずは1度使ってみてはどうでしょうか?仮に、コピー機を複数台持っている場合は、まずは1つのコピー機で試してみると良いです。その後、気にいれば別のコピー機でもリサイクルトナーを使う形にしてみてください。

今回は、「リサイクルトナーの料金」と、「リサイクルトナーの質」について紹介してあります。純正品と比べどのぐらい安くなるのか?リサイクルトナーについての質は良いのか?不安になっている方や、リサイクルトナーの購入を考えている方は参考にしてみてください。

未分類